News

バーチャルオフィスを利用して法人登記は可能なの?

結論:可能です(違法性なし)

そもそも法人登記とは?

法人登記とは、社名や本社所在地、代表者の住所・氏名、事業目的などの取引を行う際に必要となる、会社に関する事項を法務局に登録をし、公的機関から公に一法人という存在を認めてもらうためのものです。

公にできる住所・場所があれば問題ない

今回バーチャルオフィスを利用しての法人登記を行う際に、皆さんが気になる点は上記の「本社所在地」というところではないでしょうか。

ここで皆様に覚えておいてほしい大切なポイントは商業登記法上、本社所在地に関する制限はないということです。

つまり皆さんが法人登記をされる際に公にできる住所や場所があれば問題はなく、バーチャルオフィスを利用しての法人登記に関しましても何も問題はないということです。

バーチャルオフィスを利用することの利点

法人を設立する際にバーチャルオフィスを利用することでのメリットは複数ありますが、主には

都心一等地での法人登記が可能

初期費用及びランニングコストの大幅な削減

という二点があげられます。

どちらも本来は莫大なコストをかけて手に入れるものですが、バーチャルオフィスを利用することで運営上の負担が減り、本来重要視したいポイントにコストをかけ集中して事業を行うことができ、必然的により長く運営することができ、失敗するリスクが減少します。

 

新規事業についての初期費用やランニングコストについてより知りたい方はこちらの記事にございます。

新規事業の初期費用やランニングコストについて

最後に...

オフィスヒーローズ福岡は博多駅前にあるバーチャルオフィスです。

当方はコストや価格にこだわり、月額4000円以下で新規事業に必要なサービスを提供しております、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。


PAGE TOP